pacaのゴルフ日誌

ゴルフの練習に励むpacaの日誌。70台を目指して!

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

スタンス幅について考える

日曜朝9時からBS-JAPANで放送している『ゴルフ宮里道場PREMIUM「ゲームの決断」』という番組をよく見ます。プロの判断やテクニックが参考になり面白い。宮里聖志プロが、謙虚にゲストプロの考え方をいろいろ引き出そうとしているのがいいですね。

今月のゲストは片岡大育プロ。2016年は賞金ランキング5位で大躍進を遂げています。片岡プロは軸のブレがないスイングで非常に美しい。いわゆる”一軸スイング”に分類されると思います。スイングの特徴から必然的にスタンス幅は狭目であり、特にアプローチの時はほとんど足幅を広げてないくらいに狭い。狭くすることで自然と大振りを防ぐことができ、大振りをしないので、ゆるみのないスイングにつながるということでした。

早速練習で試してみたが、アプローチで非常に効果があると感じました。30ヤード程度だとほぼスタンスの間は空いてないくらいにして、SWでシャフトが水平から水平くらいで十分なスイング幅になります。スタンスが広いとどうしてもそれ以上にバックスイングで上げてしまうところ、スタンスが狭いため自然とバックスイングが水平くらいで収まります。またスイングの横振れが少なくなるのでインパクトゾーンのずれも少なくなると感じました。ちなみに、50ヤード程度をSWで打つ場合は、30ヤードのときよりはもう少し広げて靴一足入るかどうか位のスタンス幅で、バックスイング時のヘッドは肩の高さくらいが良さそうですが、まだまだ試行錯誤が必要ですね。


<参考>
距離ごとのバックスイングでのシャフト位置の目安。
グリップ位置は、8割くらいの長さで持っています。
 50ヤード: SW・・・肩 PW・・・水平
 30ヤード: SW・・・水平 PW・・・ひざ

実際のシャフト位置と自分の意識の関係。
勢いでそれ以上いってしまうので、意識では一歩手前で止める位でよい。
 実際・・・肩 → 意識・・・水平
 実際・・・水平 → 意識・・・ひざ
 実際・・・ひざ → 意識・・・すね


1/15 30 3.5

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://pacagolf.blog53.fc2.com/tb.php/468-30b0130b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

paca

Author:paca
pacaがゴルフ練習に励む日誌です。
ショートコースの情報もあります!

クラブセッティング
1W PING G30 10.5° TFC390
5W PING G30 18° TFC390
7UT AMERICAN CLUB BLASTER'X 22°
5i~PW NIKE CCi NSPRO 950GH
52°/56°
FOURTEEN MT28 J.SPEC NSPRO 950GH
PT ODYSSEY O-WORKS #7

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

タグリスト

検索

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ポチっとどうぞ