FC2ブログ

pacaのゴルフ日誌

ゴルフの練習に励むpacaの日誌。70台を目指して!

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

パッティング修正

パターマットを引っ張り出してきて、じっくりとパッティング練習を行った。

最近の傾向として、カップまで1~2mの肝心なところで押し出してしまい、カップの右側に外すミスが多い。パターマットでもその傾向がはっきりと出たが、押し出しに加えてスライス回転もかかってしまっていることが判明。週末の2日間で試行錯誤して分かったことと、修正ポイントを記しておく。


①左手はグリップを生命線に合わせる
グリップを生命線に合わせて握る。他のクラブとグリップエンドの位置が違い、小指側の手のひらに空間ができるようになってしまうがこれが正解。これによりハンドアップに楽に構えられ、肘からシャフトにかけての一体化が向上する。


②右手はグリップを包み込む
他のクラブと異なり手のひらで握りたい。いわゆるパームグリップ。親指と人差し指で作っているカギ型はやめて、親指はグリップ上部に合わせてグリップを包み込むように握るようにする。このことによりヘッドの余計な動きが抑えられる効果がある。


③グリップとボールの位置はクラブ設計に従う
ハンドファーストを弱めて、体のほぼ中央にグリップが位置するアドレスとしたい。クラブヘッドはアドレスの中央にセット。結果的にボール位置は左寄りになる。

これでアドレスをすると、自分からの見た目ではヘッドがグリップよりも前に出ているように見えるが、他のクラブがハンドファーストに構えているが故の錯覚であり、グリップとヘッドを結んだ線はほぼ垂直である。

グリップとボールの位置の決め方はパターヘッドに対するシャフトの刺さっている向きがポイント。私のパターは構えた状態で見たときに右から刺さっているので、ハンドファーストに構えてしまうと、クラブ設計に逆らってしまうことになり、パターヘッドがオープンになってしまう原因となる。最近の押し出し傾向と、スライスラインになってしまう原因は、ここにあるようである。



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://pacagolf.blog53.fc2.com/tb.php/460-eecbcd1b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

paca

Author:paca
pacaがゴルフ練習に励む日誌です。
ショートコースの情報もあります!

クラブセッティング
1W PING G30 10.5° TFC390
5W PING G30 18° TFC390
7UT AMERICAN CLUB BLASTER'X 22°
5i~PW NIKE CCi NSPRO 950GH
52°/56°
FOURTEEN MT28 J.SPEC NSPRO 950GH
PT ODYSSEY O-WORKS #7

タグリスト

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

検索

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ポチっとどうぞ