pacaのゴルフ日誌

ゴルフの練習に励むpacaの日誌。70台を目指して!

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

iPINGでパッティング測定

某ゴルフショップで、iPINGアプリを使ってのパッティング測定をしてもらいました。
計測で使ったパターは、PINGのSigmaGアンサーだったと思います。


■iPINGの測定結果

5回打って平均を出す仕組みです。私の測定結果がこちら。

20170525_1.jpg

20170525_2.jpg


■パターフィッティングとPINGパターの推奨ヘッドモデルチャート

測定結果からパターフィッティング表と照らし合わせていきます。

20170525_3.jpg


■分析

測定結果からパターフィッティングの分析をしたのがこちら。

①ストロークタイプ
 2.1°クローズ
 →3.5°未満だとストレート軌道判定なので、フェースバランスパターのが良い。

②インパクト
 0.9°クローズ
 →平均レベルとの測定結果。もっと0°に近づけるのが理想。

③テンポ
 2.1
 →ゆったり目。重めのパターの方が合う。
 →テンポとは・・・(CLUB PING CEOコラムより引用
   パターにおいて、テンポとはバックスイングとダウンスイングの対比の時間を表す。
   例えば、バックスイングが約2秒で、ダウンスイングが約1秒の場合、テンポが2.0となる。

④ライ角
  セットアップ71.0° インパクト71.4°
  →標準が70.0°なのでややアップライト気味。

⑤ハンドポジション
  セットアップ2.7° インパクト2.5°(いずれも手が前方)
  →ややハンドファースト。インパクト時1.1°~3.0°の推奨ロフトは4°とのこと。


■iPINGを体験してみての感想
視覚的に自分のパターの軌道が分かるのは面白かったですね。特に、以前からフェースバランスタイプが良いのか、トゥバランスタイプが良いのか疑問に思っていましたが、今回の測定結果を見ると明らかに前者(フェースバランスタイプ)が良いことが分かりました。ラウンドを思い返してみると、カップが視界に入ってくるようなショートパットで、カップ右側に外すことが多い傾向があります。私は現在ピン型のパター(トゥバランスタイプ)を使ってるのですが、もっとアークを描くようにするべきところ、ストレートにカップに出してしまうことが右に外す原因なのではないかと。今度はフェースバランスタイプのパターを買ってみよう。



ということで・・・
躊躇なくポチッちゃいました(笑)

届いたら記事にしようと思います~。


スポンサーサイト

ゾロ目のスコア

5月22日(月)栗橋国際カントリー倶楽部でのラウンド日記。5月の半ばだというのに32度で1日中晴れ。天気がいいのは嬉しいけど、この季節なんでもう少し涼しい方がいいなあ。。。というのはわがままでしょうか(笑)


スコアは 55(OUT) 44(IN) ⇒ 99(TOTAL)
とゾロ目スコアに。ちなみにパット数も33とゾロ目ずくしでした。



ティーマーカーがずらっと並ぶ、INの14番ホール。




■大荒れの前半
OUTの5番ホールまでが大荒れ。
・1番ホール:当たり損ないのドライバーでスタート。トリ。
・2番ショート:軽めに打ったUTの打球が当たりそこなって池ポチャ。トリ。
・3番ホール:引っ掛けティーショットで2連続OB+グリーンオーバーOBで、11・・・。
・5番ショート:その前の4番はパーで凌いだものの、7iのドン開きショットでOB。トリ。

5番ホールまで+15で完全にトリプルボギーペース。前日に練習して自信を持ってスタートしたはずなのですが、全然生かせないどころか悪化している始末。練習場の雰囲気とゴルフ場の雰囲気が違うためなのか、自信があるがゆえに素振りをあまりしなかったせいなのか原因なのか。1か月半のラウンドのブランクがあったことで、落ち着いてアドレスが取れていなかった気もします。


■中盤~後半は調子を取り戻す
OUTの6番ホールからは調子を取り戻しました。
・6番~9番まで4連続ボギー。
・後半INコースは、パー4(3連続含む)、ボギー3、ダボ1、トリ1。

特に意識したことは、首根っこの高さをスイング中に変えないこと。これを意識すると、ダウンスイングで頭がボールに向かっていかず、右肩も下がらず、ダフりを抑制できるのと、肘を伸ばしていくスペースができるのでトップも起きにくくなります。もう一つは、トップをコンパクトにすること。ライ角を強くせずアドレスし、そのままのコックの状態でトップに向かうイメージ。自分としてはノーコックくらいの意識でちょうどいいですね。

これらは前々回の栗橋ラウンドの振り返りでも同じようなことを記載しており、ラウンド中に思い出すことができたので修正を行えました。振り返りを文字で残しておくのは大切だと実感した次第。


■アプローチはAWが活躍
冬の間は徹底してPWでの転がしに徹していましたが、今回はAW(52度)を多用。芝の感じが明らかに変わっており、アドレスでクラブを構えたときに安心感があるので積極的に使っていくことができました。ライが整っていてAWが使える状況ならばAWのがバンスが使いやすいし、PWよりも弾道イメージがしやすいのがメリット。ウィークグリップでアドレスしピンまで7:3くらいの落下点を目印にノーコックスイングします。転がしのが事故は少ないのは明らかですが、転がしの欠点はグリーンの傾斜や芝目に左右されることですね。適材適所で使い分けることが必要でしょう。


■6番アイアンが欲しかった!
電車で行くときはクラブを厳選しています。5番、6番アイアンを抜いて行きましたが完全に裏目。150ヤード前後が残ることが多くて6番アイアンが欲しいケースが何度もありました。8番、9番アイアンを使うケースが少なかったので次回の栗橋ラウンドでのクラブ選びの参考にしたいですね。


■追加ラウンドが好調
栗橋の平日は、500円払えば17時まで回り放題! ということで追加ラウンドも行いました。残念ながら1ラウンドはできず15ホールにとどまりましたが、OUT45(推定)、IN42で、推定スコア87。INは本当に調子が良くて、1バーディー、1パー、7ボギーの好スコア! 追加ラウンドはスコアを半分気にしていないので、思いっきりドライバーを振り回してたのですが、飛距離方向性ともにすこぶる良かったですね。抑え気味にスイングするよりも思いっ切った方がいいのかもしれません。(ただし、振り回すといっても、トップのコンパクト差だけは意識。) 次は、ゾロ目はゾロ目でも、「99」ではなく「88」を目標にしたいと思います!



続きを読む »

50ヤードのアプローチ練習

50ヤードのアプローチを中心に練習。

クラブはSWで、トップはヘッドが肩くらいの高さ。
インパクト後に左手が前方に流されないように体に引き付けておくことが大切。
左手を軸にすることによりシャフトを体の正面に維持することができる。
フォローもシャフトが立ってきて良い感じだった。

・・・と書いてみたけど感触を言葉にするのは難しいですね。
これがゴルフレッスンの難しいところなのかと思います(^^;


5/6 31 3.5
5/21 30 3


 | ホーム | 

プロフィール

paca

Author:paca
pacaがゴルフ練習に励む日誌です。
ショートコースの情報もあります!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

タグリスト

検索

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ポチっとどうぞ