pacaのゴルフ日誌

ゴルフの練習に励むpacaの日誌。70台を目指して!

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

ボランティア初体験!

ゴルフ5レディス開幕。

ボランティア行ってきました~。

場内での写真はNGなのでゴルフ5カントリーオークビレッヂの外観をパチリ。台風の影響はほとんどなく、肌寒い陽気でした。




担当業務はスコア速報ボード。上位6位のスコアを反映させる作業です。通り掛かる選手やお客さんが見てくれるのは、なかなか嬉しいものですな。


僕が担当している間は表純子プロが1位を守り通して、唯一入れ替えなし!


来週の日本女子プロゴルフ選手権大会に向けての調整なのか、ランキング上位陣が軒並みお休みしてたのは残念でした(´・ω・`)
賞金総額6,000万円 優勝賞金1,080万円の小さな大会じゃしょうがないか。


アクセスも悪いせいか、お客さんも少なかった。ただ、そのおかげで、お仕事しながらじっくりとドライバーショットを見ることができたのはラッキーでした(・∀・)


■2日目結果
1 下川めぐみ -5 -3
2T 笠りつ子 -4 -4
2T 表純子 -4 -3
2T O.サタヤ -4 -2
5T 香妻琴乃 -3 -3
5T 鈴木愛 -3 -3
5T 川満陽香理 -3 -3
8 永井花奈 -2 -1
9T 木村彩子 -1 -1
9T 服部真夕 -1 -1


明日も楽しんできます!

スポンサーサイト

台風が迫ってきた

今週末の女子ツアーは、ゴルフ5レディスです。

場所は千葉県のゴルフ5カントリーオークビレッヂ。

養老渓谷のあたりです。



運営のボランティアに参加できることになり、超楽しみ!!

なかなか関われる機会はないですからね。



そんな楽しみにしている最中に、台風が発生。。。





2日(土)がかなり危険!?

なんとか避けていってほしい~。



今は祈るばかりです( ̄~ ̄;)





続きを読む »

CyberAgent Ladies Golf Tournament を観戦

2年ぶりにゴルフトーナメントを観戦に行きました。
鶴舞カントリー倶楽部で行われたサイバーエージェントレディスゴルフトーナメントです。
2年前観戦したのも同大会でしたが、その時と違って非常に人が入っておりました。
GWにバッチリ重なったことと天気が良かったことが要因ですかね。

横峯さくらが今季初優勝! 1年11か月ぶりとは長かった。
92試合連続予選通過記録達成、スポンサーの佐藤製薬も協賛してたし、さくらウィークとなりました。
これからどんどん勝ち進んでいってほしいです!

私は土曜日に行きまして、全美貞、若林舞衣子、吉田弓美子組を中心に観戦してました。
全美貞はこの日8バーディー、1ボギーで65の最強の展開でした。
1番ホールのティーショットは左側の林に行って2打目はリカバリーショットのスタート。
それにも関わらず、なんなく3オン1パットのパースタート & その後の怒涛のバーディーラッシュでした。

若林もこの日は調子がよく1イーグル、2バーディー、1ボギーの69。(イーグル見逃したのが残念!)
吉田はあまり波に乗り切れなかったようで2バーディー3ボギーの73でした。
アドレスに入るまでと入った後のテンポの良さが印象的でした。気づいたらすでに球を打ってる感じでした。

最終組は横峯さくらもいたこともありギャラリーが多いのは予想できたが、
それ以上にギャラリーを引き連れていたのは、森田理香子、堀奈津佳がいる組でして、
一番歓声が聞こえてました。
期待の若手ですからね。ぜひとも頑張ってほしい選手たちです。


17番ホールのグリーン付近から。S字ドッグレックが難しそう。


14番ホールのグリーン奥から。直角のドッグレックホール。グリーンは傾斜がきつそうでしたねー。


特設のアプローチ練習場。ホールアウトした選手が練習中。
ビタビタと見事に寄るアプローチに感心しまくり! 見てて飽きませんでした。


18番ホールの映像を撮るための巨大クレーン。高所恐怖症じゃなくても怖そう・・・。


つつじが綺麗でした~。


パグンサン選手に拍手!(日本オープンゴルフ選手権)

今年の日本オープンゴルフ選手権は実に面白かった。

結果は久保谷選手が8オーバーで優勝。最後の最後に転がり込んできた優勝で、ゴルフは諦めないでプレーすれば何が起こるか分からないという見本のような展開であった。



その結末を演出したのは、難コースの那覇ゴルフ倶楽部。ゴルフの大敵である風は10メートルを超える強風で、各選手を悩ませていた。また、深いラフも難しいシチュエーションを作り上げており、深いラフに入ると全くボールが見えなくなるほど。ラフに入るとフェアウェイよりも格段に難しくなる、、私はそんな状態こそ、フェアであると考える。

日本のツアー会場は環境が甘すぎると思う。ラフに入っても全く苦にならないようではダメだ。やはりラフに入ったら、ラフに入れてしまった者に対する"ペナルティー"があるようではなくてはならないと思う。甘い環境でプレーしているから、日本のプロは世界に全く通用しない者ばかりになってしまうと考えてしまう。こんな難しい環境だからこそ、今回の日本オープンのような結末が読めない手に汗握る面白い展開も期待できるというものだ。



個人的に今回一番印象深かったのは、フィリピンのパグンサン選手である。恥ずかしながら、日本オープンの中継を見るまでは全く知らない選手であった。初めに見たときは後姿が長髪の石川遼選手だと思ったほど。ずいぶんと順位を上げて上位争いをしているのかと勘違いをしてしまった。

16番ホールまでは自分のペースを守り首位は安泰と思った17番の池ポチャからが悲劇の始まり。17番ダブルボギーで2打差があっという間に縮まり、18番の1.5mのパットを沈められずにボギーで優勝を久保谷選手に譲ってしまった。テレビで見る限りでは平静を装っているように見えたが、やはり緊張していたのだろう。もちろん結果的には風にやられての池ポチャというように見ることもできるが、緊張からくる微妙な狂いが飛距離に影響してしまったのだと思う。

そんなパグンサン選手のスーパーショットは18番のティーショットミスで林に入れてしまった第2打。目の前にある木のせいでグリーンが狙いにくいところから、フックでグリーン横までしっかりと運んだショット。そして極めつけがその後の第3打の深いラフからのアプローチショットだ。パーを取らなければプレーオフに進めない緊張する場面で、ピンまで1.5mに寄せる軟らかいアプローチ。素晴らしかった。

その後のパットは残念な結果になってしまったが、最後まで目を離せない展開を見せてくれたプレーに拍手を送りたい。そして、とてつもなく悔しいはずのホールアウト後に見せた表情が何とも印象的であった。悔しいながらも自分のプレーを4日間やり遂げた安堵感からくる笑顔というところだろうか。ふてくされるような表情を見せる選手が多い中で、非常にすがすがしい思いをさせてもらったパグンサン選手がとても好きになった。

サイバーエージェントレディスゴルフトーナメント@鶴舞カントリー倶楽部

4月30日土曜日に、サイバーエージェントレディスゴルフトーナメントを観戦。
千葉県の鶴舞カントリー倶楽部にて開催。6395ヤード、パー72の設定です。

女子プロゴルフを観に行くのは3回目。
今までは定点での観戦が主でしたので、今回は同じ組に付いて観戦するのを主目的としました。


8時13分OUTスタート、1日目72位タイの25組目
佐々木慶子、たにひろえ、青山加織 の組を観戦。
10番ホールから18番ホールまでずっと付いて行きました。

練習場でたまたま目の前にいたのがこの選手達だったことと、あまりギャラリーがいなそうな組にしようと決めていたのが理由。それにしてもギャラリー少なすぎ。自分を含めて2人でした(笑) 


意外だったのは、パーオンしているのが思っているよりも少ないこと。グリーン手前や横にこぼれることが思っている以上に多い。だが、そこからのリカバリーがすごい。必ずと言っていいほど1ピン以内に寄せてくる。で、結果パーをセーブ。もちろん選手はパーオンを狙っているはず。それでも中々パーオンができないものだというのがよくわかった。プロでもこれが現実。ど素人がパーオンするのは難しいというものだ。

また、ためになったのが、アプローチショット時の球の軌道である。ほとんど転がしに近い弾道がほとんど。ラフの部分を浮かせる程度でグリーン面はほとんど転がす位のイメージといってもいいくらい。浮かせた弾道はほとんどなし。アプローチはふわっと浮かせるものではない、ということは本や雑誌によく書かれているが、どうしても素人は高い弾道にあこがれてしまう。それはおそらくスポーツダイジェスト等でスーパーショットが取り上げられることが多く、どうしてもその印象が強いからではないだろうか。また、プロでもグリーン外からパターを使うということもよく分かった。


自分が観戦したOUTコースでの各選手の成績。
  青山加織 37 (1バーディー、2ボギー)
  佐々木慶子 39 (3ボギー)
  たにひろえ 42 (4ボギー、1ダブルボギー)
各選手とも不満の残った成績に違いない悪い成績。。。
青山加織は体が小さいのに、体をめいいっぱい使ったダイナミックなスイングが印象的でした。
これからも応援していきたいです。今回は惜しくも1打足りずに予選落ちでした。次回は頑張れ!


午後は、
23組 姜如珍、福嶋晃子、廣瀬友美
22組 呂雅惠、大塚有理子、諸見里しのぶ
21組 田口晴菜、川原由維、若林舞衣子
20組 東尾理子、浅間生江、辛周
と遡っていくようにおよそ2ホールずつ観戦。

何かとゴルフ意外で話題の東尾。今回はなかなか調子が良いようで、予選通過を果たしました。
テレビだと最近はバラエティーでしか見ないので、本当にゴルフ上手いのかよ? って感じでしたが、
実際にスイングを見ると素晴らしいですね。クセのない綺麗なスイングの印象でした。

福島晃子のドライバーショットはパワフル。他の2人を常に30ヤードは離してました。すごい!

 | ホーム |  次へ»

プロフィール

paca

Author:paca
pacaがゴルフ練習に励む日誌です。
ショートコースの情報もあります!

クラブセッティング
1W PING G30 10.5° TFC390
5W PING G30 18° TFC390
7UT AMERICAN CLUB BLASTER'X 22°
5i~PW NIKE CCi NSPRO 950GH
52°/56°
FOURTEEN MT28 J.SPEC NSPRO 950GH
PT ODYSSEY O-WORKS #7

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

タグリスト

検索

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ポチっとどうぞ