pacaのゴルフ日誌

ゴルフの練習に励むpacaの日誌。70台を目指して!

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

南国気分な館山カントリー

南国風な雰囲気が魅力の館山カントリーを改めてご紹介~。


クラブハウスの前にあるパター練習場です。ここで、館山特有の重い高麗芝に慣れることがとっても重要。


 

順目と逆目のギャップがくせものなんです。約2フィートも違うので、まるで別グリーンのよう。海に向かって行く方が順目。館山のパッティングは、海の位置を確認することから始まるのです。




練習場は小さい。15回も行っていながら、一度も利用したことがありません。。。




アプローチ練習場。クラブハウスからちょっと離れたところにあるせいか、人は少な目。のんびりと練習できます。




バンカー。




数年前に改築したクラブハウスは、明るい雰囲気で統一されていてとても綺麗。




レストラン。




ロッカールーム。




カートが新調された! 聞けば、108号車はまさに初走行のピカピカの新車だったらしい!




遂に館山にもナビが導入されました。感慨深いなあ( ´∀`)/




グリーン面も分かりやすい表示でした。





千葉の南端なのでちょっと都心からは遠目ですが、南国気分を味わえる独特の雰囲気での館山カントリークラブでのプレーは気持ちいいですよ。ぜひ!!



スポンサーサイト

真夏の3連戦最終戦@館山CC ~2017年最初の80台~

8月5日(土)真夏の3連戦の最終戦、場所は館山カントリークラブです。館山は私のホームコースといってもいいゴルフ場。15回目の来場になります。




この日は8月らしい非常に暑い天気。おまけに風もほとんどなく蒸し蒸し状態でした。







スコアは、、、
やっと出ました!今年初めての80台!

西コース42(16)→中コース45(19)=トータル87(35)




悪くてもダボで留められ、ラウンド通じて大きな穴が無かった。その証拠に、フェアウェイキープ率:71.4%、パーオン率:33.3%、ボギーオン率:83.3%と安定した数値でした。そんな中でもいろいろ反省点がありました。



■前半西コース

西コースの1番ホール。ドライバーを思いっきり振り切ってフェアウェイキープ! 2打目の5番ウッドも良い当たり。不運にも右サイドのフェアウェイバンカーに入れてしまったものの、4オン2パットのボギーで無難なスタート。




前半は6番ホールでのドライバー引っかけが悔やまれるところ。右サイドだけは行かせたくないという気持ちが強すぎて左隣の7番ホールへ。PWでのリカバリーショットがダフってしまったり、池越えを怖がってグリーンオーバーしたりでダボ。

下の写真は9番ホールセカンド地点。ここからギリギリグリーンに乗せて2オンに成功したものの、館山特有の高麗芝を読み切れず3パット。傾斜と芝目のダブルの要素があったとはいえ、ほぼ直角に曲がるラインは読み切れマヘンヽ( ̄д ̄;)ノ

前半9ホールは、ミスした6番ホールを除けばすべてパーオンかボギーオン。調子がよくてパー4、ボギー4、ダボ1で上々のスコアでした。





ランチは冷やし坦々麺! 美味い! 館山は食事に外れがありません♪





■後半中コース

中コースはハーフベストの38を出したこともあり相性の良いコース。期待を膨らませつつスタートしたが、前半には無かったプッシュアウトが出て冷や汗・・・。動揺したせいか、2打目・3打目をミスってダボスタートとなってしまいました。




その後、ショットは決して悪くないのに流れをつかみきれず。
・2番:作戦通り5番ウッドでティーショット成功したが、セカンドが微妙に届かずボギー。
・3番:1オンに成功後3パットしてボギー。
・4番:3オンを狙える絶好のポジションから30センチ足りずにガードバンカーに入れてダボ。




5番ホールでパーをとった後は流れは良くなったが、悔やまれるのは7番ホール。
残り100ヤードの絶好の位置から、PWで派手なシャンク(´;ω;`)
最近シャンクが出るときは大抵このパターン。グリーンを狙う気持ちが強すぎてボールに向かっていってしまう悪い癖が出るんだと思います。


後半は、パー2、ボギー5、ダボ2。45というスコアは決して悪くないものの、全般的にショットの調子が良かっただけに、ところどころのミスが無ければもう少し上を目指せたな。。。ゴルフはミスを無くさないとスコアが上がらないですからね!





反省点を中心に書いてしまいましたが、なにはともあれ、夏の3連戦で80台を出したかったので一安心。勝手知ったるコースでアドバンテージがあったことはもちろんですが、一緒に回った皆さんが80台前半~90台前半の好スコアを出していたので、それに負けじといい意味での緊張感が持続できたように思います。ゴルフはメンタル面が重要ですね。


81で今季2度目の自己ベスト更新!

81で、今季2度目の自己ベスト更新!!

9月4日(日)館山カントリークラブでのラウンドで達成しました。1ヶ月半という短期間でさらにベストスコアを更新できたのは嬉しい。ちなみに内訳は、中コース38(15)、東コース43(18)でした。序盤の7連続パーは、今になって思うと奇跡に等しいかも(^^;









■安定していたショット
すべてのショットが終始安定。特に5番ウッドはすこぶる好調で、ティーショットも含めてミスショットはひとつも無し。中コースの4番ホールパー5では、5ウッド2回で2オン!いずれも最高の当たりでした。迎えたイーグルチャンスは残念ながら3パットのパーだったのはご愛嬌(笑)

残り100ヤード近辺でほとんどグリーンを捉えられたのも好スコアに結び付きました。前回ベスト更新時もそうでしたが、残り100ヤードがしっかりしていると、自然とスコアは引き締まりますね。


■同伴者に感謝
同伴者に恵まれたのは前回ベスト更新時と共通するところ。89でまとめた方もいましたし、悪くても90台半ばといった面々。ゲームの流れが良く自分のリズムが崩されなかったし、グリーンのラインも参考になったのがよかったですね。ゴルフは基本的に個人競技だけれども、同伴者次第で何打かは変わってくるんじゃないかと思います。

同伴者ではないけども、たまたま後続組が知り合いだったことも良かったかもしれません。それほど気にならないとはいえ、やはり気心知る人が後ろにいた方が気楽ですので。


■運も味方に
運も多少は味方にしました。東コースの6番パー3ではちょっと大きい番手と思いつつも8番アイアンで打ったところ、ドンピシャのインパクト。オーバーしてOBかと思ったが、ギリギリで土手にヒットし、グリーン手前まで戻ってきてくれて、1パットでパーゲット。スコアが良いときはこういう運もあるんですね~。


■勝手知ったる館山カントリー
コースを熟知した館山カントリークラブであったこともスコアを縮められた要因でしょう。迷うことなくクラブ選択ができ、ハザードも分かっているので打つ方向も迷わないですみますからね。


■館山にしては上出来のパット
コースは熟知していてもいつも悩まされるパットが33で済んだのは上出来。先にも書いた通り、同伴者のラインも参考にできたのは大きかったですね。プレッシャーの中でのバンカーアウトからの1パットパー(中コース5番)。オールパーのプレッシャーがあった中でのフックラインを読みきったパット(中コース7番)は印象に残るパットでした。






欲深いかもしれませんが、70台を目指すための課題もいくつかありました。


■ショートアイアンの精度向上
ショートアイアンでは引っ掛けることを考慮してアドレスしたいところ。グリーンオンしても狙いよりピン左側にいくことが多かったし、ガードバンカーに入れた2回ともグリーン左サイドに入れたものでした。フェースをもう少しだけ開いても良いかもしれませんが、色々試してみたいところです。

また、SWは70ヤード程度を想定するのが良さそう。バンカー越え80ヤードの距離をSWで狙ったがギリギリのバンカー超えとなってしまい、あやうくバンカーに入るところだったしグリーンも捉えられませんでした。(中8番)


■コースマネジメント向上(その1)
最終の東コース9番。1打目がやや右サイドにいってしまい、右ドックレックのグリーンを捉えられないポジション。コース左サイドのバンカーが見えていたので、フェアウェイど真ん中に出すアイアンを選択すればよかったにも関わらず、5Wで打ってしまった結果、案の定残り100ヤードのバンカーへ。無理に飛ばさなくても次で十分グリーンを狙える距離だっただけに、コースマネジメントを重視すべきでした。


■コースマネジメント向上(その2)
唯一のトリプルボギーは、東コース4番ホールの長めのショートホール。5番ウッドだと長すぎるので、6番アイアンで打ったところ、案の定引っ掛け気味で左のバンカーへ。このホール、花道がやたら狭くて、毎度のようにバンカーに入れることが多い。バンカーに入れたり奥にこぼすよりは、アイアンで手前から刻んだ方が悪くてもボギーに収められるはず。次回ラウンド時は考えてみたい。


■ミドルアイアンが更なるスコア向上の鍵
中コース9番ホール2打目の6番アイアン、東コース8番ホール2打目の8番アイアンと、フェアウェイからグリーンを狙える絶好の条件でシャンク気味になってしまいました(幸い致命的な結果にはならなかった)。館山カントリーは短いので、ウェッジでグリーンを狙うケースが多かったが、コースによってはミドルアイアンが肝になってくる。グリーンを狙える状況でのミドルアイアンはまだまだ向上すべき点が多いと感じました。






この週は3ラウンドを予定しており、その初戦でした。この勢いを継続して、別のゴルフ場でも80台、あわよくば更なる自己ベスト更新を目指して頑張ります!


館山のベストスコア更新!

7月31日(日)に館山カントリークラブでコンペラウンド。西47(17)→中43(20)でトータル90(37)。館山でのベストスコアだった92を更新。80台には惜しくも届かず!





■悔やまれる序盤のトリ
終わってみれば良いスコアだっただけに、特に前半2ホール目と3ホール目のトリ2連発が悔やまれます。1ホール目は無難にボギーで収めたものの、2ホール目はドライバーを引っ掛けたりアプローチがトップしてグリーンオーバー、3ホール目はグリーン手前の顎が高いバンカーに入れてしまい、出すのがやっとの状態から3パットという状況でした。ラウンドを重ねていても序盤の不安定さはまだまだ改善できていませんね。普段の練習でも、ラウンドを想定して最初にシミュレーションを行ってみようと思います。





■パット数削減のために
37パット。1パットはほぼ無し。館山は毎度芝目に悩まされますが、今回も相変わらずで順目と逆目で2フィート違う(約7ft対5ft)ので別のグリーンでプレーしているようなものでタッチが合わせづらかった。カップの向こう側に当てるくらいの強さが芝目に負けず良い、と分かったのはすでに終盤でした。

逆算して考えてみると、アプローチで1パット圏内に寄せていればもっと良くなったはず。そのアプローチも転がし重視だと芝目の影響が出るので、館山の場合は浮かし気味に攻めた方が距離感は合いやすいかも。また、浮かす戦略に徹底するのであれば使うクラブをSWかAWに固定してしまった方が、さらに距離感が統一される利点があるかもしれません。





■バンカー
バンカーに5回も入れてスコアをややロスしました。すべて1回で出せましたが、2打ほどは損してるでしょう。そのうち、中コース6番でフェアウェイバンカーに入れたところが今後の教訓。やや顎が高いと思ったものの6番アイアンで打ったところ、案の定顎に引っ掛けてしまい大幅に飛距離ロス。悪い予感は信じる方が良いですね。中コース2番のガードバンカーも教訓あり。打ち上げだったのにギリギリの距離のAWを選択してしまい砂に突き刺さってしまいました。打ち上げの分を勘案すべきだった。たたその目玉の処理は抜群でSWを思いっきり砂に突きさして見事に脱出できたのは良かった点でした。


■引っ掛け気味
全般的にやや引っ掛け気味だったものの、大半が許容範囲内。それを持ち玉として理解し、やや右サイド狙いにしても良いかもしれない。





■16ホールでボギーオン以上
トリを叩いた2ホール以外はすべてボギーオン以上。特にPW100ヤードやAW90ヤードのショットの精度が良かった。ちなみにシャンクもありませんでした。


■5番ウッド様!
5番ウッドが絶好調。打感が良く気持ち良い当たりだった。中コース4番ホール(距離が短いパー5)は幅が狭くミスが多いためドライバーを封印して5番ウッドでティーショットし、思惑通りフェアウェイセンターへ!このホールは5番ウッドのが手堅いですね。ちなみに2打目も5番ウッドだったが、飛びすぎでグリーン手前のバンカーまで届いてしまったのはちょっと誤算でした






ちなみに・・・コンペ成績は3位でした~(^◇^)
20160731_06.jpg


7月は毎週のようにラウンドする機会に恵まれましたが、一旦小休止。次回は8月26日にラウンド予定です。


引っ掻けまくりの館山ラウンド

8月の終わりに館山カントリークラブにてラウンド。出発したときは雨が降ってて気分が萎え気味でしたが、ゴルフ場に着いたときは雨は止んで気温も涼しく良い気候のなかプレーできました。


スコアは、中コース52(20)→東コース49(20)で101(40)、追加ハーフは西53(21)でした。


序盤3ホールは、ボギー、パー、パーと好調な滑り出しでしたが、4ホール目のティーショットで引っ掻けOBを出したのがケチのつけ始め。6ホール目のティーショットでは2連続引っ掻けOB、3発目もぎりぎりOBを免れた引っ掻けたショットとなってしまい、このホールは結局2桁の10。その後も、ティーショットをはじめとしてアイアンも含めて全般的に引っ掻けに悩まされ続けて修正できぬままホールアウトになりました。(ちなみに、27ホールのティーショット中、13回も左サイドへのミスショットでした。。。)


引っ掻けの原因ですが、今までよりもボディーターン要素が強いスイングなっているにも関わらず、リストターンは今まで通りだったからだと思います。左下にドライブ回転がかかっているような球筋でした。引っかけずにジャストで当たった時も何回かありまして、そのタイミングのときの自分の感覚としては、フォローでクラブを体の前に投げ出す感じでした。自分自身がしっかり回っていれば、体の前に投げ出す感覚だとしても全体としてはしっかりと回転されています。そこでリストターンを加えてしまうと、過度にクラブが動いてしまうことになりますので、思っているよりも左に飛び出してしまうようです。右に飛び出しそうで怖いですが、練習で打ち出し角度を調整していき慣れていく必要があるでしょう。


この日の収穫は、ラウンド中に一度もシャンクがなかったことです。しかも、この日は1.5ラウンド回ったにも関わらず!です。心掛けたのは、①バックスイングでクラブフェースを開かないこと、②バックスイングで左肘を突っ張らないようにすること、の2点。①はレッスンで教えていただいたものなので確信をもっていましたが、②の左肘の改善点についてはラウンド数日前にはっと気づいたこと。突っ張ることでアドレス時との胸との距離が変わるし、左掌でグリップエンドを押し出すためにコックが大きくなりすぎるし、なによりもインパクトからフォローにかけて肘が畳めないので詰まった感じになってしまいクラブ軌道が変になると思ったのです。バックスイングでは、左肘を突っ張らない範囲で伸ばすことが大事なのではないかと思いました。


<その他いろいろ>

BAD
・パットはすべてのハーフで20パット以上
・フェアウェイウッドでは何年ぶりかで空振り(西コース1番)
・レイアップして100ヤード以内にしたのにダフって目の前の池に落とした(西コース6番3打目)

GOOD
・残り100ヤードのショットは安定
・東コース9番パー5(505ヤード)で、ドライバーと5Wが会心の当たりで2打で残り60ヤードまで運べたこと。まぐれ当たりでも、こういうことがあるからゴルフがやめられない!
・この日初顔合わせだった同伴者のHさんがナイスガイで気分よくラウンドできました。私と正反対の超高弾道で勉強にもなりました。









猛暑を避けるために1か月半ほどラウンドから遠ざかっておりましたが、やはりラウンドはいいものですね。秋になって涼しくなってきたのでラウンドペースをあげていきたいと思います。


 | ホーム |  次へ»

プロフィール

paca

Author:paca
pacaがゴルフ練習に励む日誌です。
ショートコースの情報もあります!

クラブセッティング
1W PING G30 10.5° TFC390
5W PING G30 18° TFC390
7UT AMERICAN CLUB BLASTER'X 22°
5i~PW NIKE CCi NSPRO 950GH
52°/56°
FOURTEEN MT28 J.SPEC NSPRO 950GH
PT ODYSSEY O-WORKS #7

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

タグリスト

検索

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ポチっとどうぞ