pacaのゴルフ日誌

ゴルフの練習に励むpacaの日誌。70台を目指して!

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>03

強風に完敗・・・

3連休の中日、3月19日(日)に栗橋国際カントリー倶楽部でラウンド。非常に空いておりました。皆さんお墓参りなのかな。


スコアは102・・・。 (IN46(15)→OUT56(21))
久々に100オーバー (;д;)


スコアを崩した原因は・・・強風!

アゲインストでは低弾道で攻めても強烈に押し戻されるし、横風のときはブーメランでも投げてるかのように急激に横カーブ。グリーン上でも風によってラインが変わるような状態でした。ボールの軌道が影響が受けるだけならまだしも、アドレス時に体が動かされるのがもっとも嫌でしたねぇ。特にパットのときは集中力がどうしても切れてしまいます。

フォローの風の時は除きますが、体が揺らされるような強風のときは、これでもかっ! というくらい番手を上げるのではないかと思います。打球を上げない方が風の影響が受けにくいので距離感、横幅ともずれが生じにくいし、体のバランスを崩さない程度の8割ショットで正確性が増すと思いました。


20170319_2.jpg
分かりにくいですが、左から右に向かって風が吹いていて、ピンもしなっているような状態でした。


強風の影響がありスコアを崩してしまいましたが、スイングとしては全般的に悪い感じはありませんでした。しかしながら、ミスしたところでは随所にペナルティーが絡んでしまい反省すべき点がありました。


■ドライバーのスライス1ペナ
スタートホールは引っかけ気味なことが多いため、意識して手を極力返さないことを意識した結果、右サイドにフェアウェイキープ。無難なボギースタートでした。それに気をよくした2ホール目(IN11番ホール)のティーショットは、引っかけを警戒しすぎて右サイドのペナルティーゾーンへ一直線のスライス弾道に。ベストなインパクトタイミングを最初からできるようにしていきたいですね。


■2回連続の池ポチャ
IN17番ホールのグリーン周りは池で囲まれていて狙いどころが狭くて難しく、セカンドショットが右側にずれてしまい池ポチャでした。打ち直しのショットはキャリーで20ヤード、ピンまで30ヤード程度でのAWでのアプローチ。グリーン奥にも池が見えていたためどうしてもPWは使えない状況でした。ここ最近、もっぱらPWでのアプローチに徹していたので不安を抱きながらスイングしたところ、案の定、ダフってしまって2度目の池ポチャ。こういう時を想定して、たまには花道でもAW、SWも使用しておかないとダメかな・・・。


■アイアンで引っかけOB
OUT3番ホールパー5の3打目。150ヤード、フォローの風で7番アイアンで狙える絶好の状況で引っかけてOB。残念だったですねぇ。。。途中100ヤード右寄りに池があるのが無意識に気になったのかもしれませんし、前の組が手こずっていて結構待たされたせいかもしれません。ちょっと油断すると、アイアンは引っかけが出てしまう癖が残っているのでしょうね。気をつけねば。


■バンカーからのシャンク1ペナ
OUT6番ホールの2打目をグリーン手前のガードバンカーに入れてしまい、3打目でグリーンを狙う状況。ここで痛すぎるシャンク! 右前に飛び出した打球は無残にも1ペナゾーンを超えてしまいました。ピンまで距離が30ヤード程度距離があったのでやや力を入れ気味でスイングしリズムを崩したのが原因かも。ピンに寄せられればベストですがバンカーから出すことを一番に考えて普段通りにスイングしたいところですね。


20170319_1.jpg
OUT6番ホールのティーグラウンドより。アゲインストを考慮して、普段は5Wで打つところをドライバーをチョイスしたまではよかったが、その後のセカンドでバンカーに捕まることに・・・。


スコアは102でしたが、ピンがしなるほどの強風の中で100そこそこのスコアでまとめられたのは、良かった方なのかもしれません。いろいろと勉強になったラウンドとなりました。


スポンサーサイト

悔やまれる終盤の4オーバー!

2月26日(日)、天気が良いこともあり急にゴルフに行きたくなりました。ならばと、当日の朝に栗橋国際カントリー倶楽部に電話して早速予約。当日に電話して一人の予約を入れられるゴルフ場なんてそれほどあるわけではないのでいつも重宝しています。2月とは思えない暖かさで、12度ほどはあったでしょうか。風もなく絶好のゴルフ日和でした。


スコアは、IN43(15) → OUT47(15) = 90(30) で80台に惜しくも届かず・・・(´・ω・`)
それでも栗橋のベストスコア96を大幅に上回ることができたことが嬉しかった~!



20170226_1.jpg
ほんと良く晴れました。INコーススタートの10番ホールクラブハウスを望む。クラブハウスからは土手を超えてスターティングホールに向かいます。



■スタートホールは安定せず・・・
スタートホールの10番ホールは、ティーショットが引っかかって池へまっしぐら。体がうまく回っていない序盤ということもありますが、10番ホールは今までほとんど池に入れている印象があり、嫌な思いが交錯していつも立ち上がりが悪いです。。。3打目の7番アイアンはトップして危うくフェアウェイバンカーに入れそうになり、4打目の7番アイアンは強烈な引っかけ。5オンの2パットでトリプルボギースタート。


■ミスからの収穫
スタートホールは悪かったですが、ミスから自分の傾向を感じ取ることができたのが収穫。ドライバー、アイアンともナチュラルグリップを意識してフェースをターンさせないようにすることで左右を安定させることができたし、右手を伸ばすことを思い出せたことでアイアンのトップを無くすことができました。そのおかげで、前半は11番ホールからパー→ボギー→パー→ボギー・・・の繰り返しで43の好スコアでした。


■コンパクトなトップの意識。イメージは笠りつ子プロ!
コンパクトなトップスイングを心がけたのも好スコアにつながったのかもしれません。前半は違和感を覚えながらのプレーでしたが、後半からは違和感も取れてきました。ラウンドだと1球にかける重みが違うので、練習場よりも効果的に治すことができるような気がします。
この日イメージしたのは笠りつ子プロのトップ。彼女はノーコックに見えるような独特のトップの形です。おそらくそのイメージを持ってスイングしていても実際のトップはもっと深くなっているはず。オーバースイング気味の私にはちょうどいいイメージのように思えました。


■PWが絶好調!
好スコアの要因の一つとして、PWが良かったことが挙げられます。冬の薄い芝の対策として、とにかく100ヤード以内はすべてPWに徹したところミスショットがほぼ無し。13番ホールでは20ヤードほどの距離をチップインしてパーもとれましたし、50ヤード程度の距離もハーフスイングでしっかりとグリーンを捉えることができました。アプローチの寄せが良かったおかげでパット数も30と好スコア!



20170226_6.jpg
OUT4番ホールでは10mの下りの1パットを決めた!



■5番ウッドの課題
欲を言えば5番ウッドの安定感を増せばもう少しスコアが向上した印象です。OUT8番ホールでは180ヤード程度のセカンドショットをグリーンに乗せたり、随所でいい当たりがあった一方で、トップのミスが多かった印象。アイアンと同じでインパクトにかけて右手を伸ばしていくことができるといい結果になるようなのですが、本能的にダフることを恐れるためなのか右手が伸ばしていけないことが多いようです。その結果トップになるという悪循環。今まではインパクトにかけて首が沈み込むような動きが入っていたので右手を伸ばさなくてよかったが、首の高さを維持するように変化させたことで、逆にトップのミスとなっているようです。上体が沈み込まなければ右手を伸ばしてもダフることはないので、積極的に伸ばしていきたいですね。


■悔やまれる終盤7番ホールの4オーバー
残り3ホール時点のスコアが73。パー3、パー4×2を残していたので、ボギープレーでも87。余裕があるなと思って迎えたOUTコース7番ホールで罠が待ってました。
195ヤードのパー3で5番ウッドが右側バンカーに。この日は一度もバンカーに入れていないこともあり、やや緊張してスイングしたところボールにジャストヒットしてしまいホームラン。返しでも砲台の壁にぶつかってしまいグリーンオンできずに4オン。パットは距離感が合わずに3パットと、パー3ホールで7を叩いてしまい痛恨の4オーバー。無念なり。
OUTコース7番ホールはがっちりと左右がガードバンカーで囲まれているし、砲台グリーンなので、スコアを求めるのであれば正面に運んでボギープレーに徹すれば良かったのだと思います。スコアとコースの状況を見た上で的確に判断するべきだったことは、今後へ生かすポイントですね。


20170226_4.jpg
OUT9番ホール。ブルーティーで427ヤードあるタフなパー4。ボギーで収めれば80台だったがダボ・・・。OUTコース7番ホールの4オーバーが痛かった!


20170226_2.jpg
OUT2番ショートホール。池やらバンカーやらでプレッシャーがかかります。新幹線の鉄橋目がけてティーショット!


20170226_3.jpg
新幹線の鉄橋が見える風景その2。


20170226_5.jpg
新幹線の鉄橋が見える風景その3。爽快に走っていく新幹線を見ることができます。




2週連続の河川敷ラウンド@栗橋カントリー

7/10(日)に栗橋国際カントリー倶楽部でラウンド。ふと思い立って前日に電話しての組合せ予約でした。ビジターなのに前日に一人で予約できるのはありがたいです。


スコアはIN46→OUT50、TOTAL96。平凡ながらも、これでも栗橋カントリーでのベストスコアを更新です。改めて、このコースは侮れないと感じました。



暑い一日でした




■反省点

毎度栗橋で思うのは、グリーンへは手前から攻めることを徹底しなければならないこと。ラウンドする前に過去の記事を振り替えって、手前から攻めようと心掛けていたにも関わらず、オーバーすることが多かった。グリーン面が固いことと、意外と球足が速いので、すぐにオーバーします。また、砲台の受けグリーンなので奥に行ってしまうと返しのアプローチが難しい。頭では分かってるんですがついピンを狙ってしまうのは人間の本能なのか!? コックをしないと決めたらノーコック打法を徹底し、ランを計算して落とし所を明確にしてアプローチすることが、栗橋では他より大切です。


ミスの大半はトップ。5Wではソールで打ってみたり、6iでは刃で打ってみたり。ドライバーも2度ほど超低弾道だったのはトップ気味だったためでした。幸いアプローチでは出なかったので大怪我には至りませんでしたが、飛距離が出ずに何打か損しました。おそらく、体の浮き上がりが原因。前傾角はしっかりとインパクトまでキープしたいです。


3番ホールでは唯一のOB。第3打目が池越えの190ヤードだったが勇気をもって5番ウッドでチャレンジ。良い当たりで池は越えたものの、出玉が若干右だったために不運にもカート道でボールが跳ねてしまって奥の草むらへ。。。打ち直しは右を怖がった影響で左のサブグリーンへ行ってしまい、あれよあれよと痛恨の10打を叩いてしまいました。残念な結果になってしまったものの、今回に関しては良いチャレンジだったと思います。



駐車場。この日はコンペが3組入っていたそう。




■良かった点

・18番ホールでの30ヤードチップインパー! スライス気味の第1打→レイアップ×2→5番ウッドナイスショット→PWでのピッチエンドラン。気持ちが良かった!


・ドライバーの飛距離が出ていて、同伴者を上回ることが多かった! 最初の10番ホールで引っ掛けて池ポチャスタートはご愛嬌(^_^ゞ それ以外は大きなミスなし。


・シャンクが一度もなかった! 先週のアイアン集中使用が功を奏したか!?


・バンカーからの脱出が良かった! 2番、6番と2度バンカーに捕まったものの、どちらも1ピン以内に寄せることができた。一切手を使わず体で打つことができて、砂を取る量、インパクトの力加減などが絶妙! 特に6番ホールは木がピン方向近くにある嫌な状況だったが、惑わされることなく対応できました。



■クラブハウスの写真をいくつか


クラブハウス入口



ロビー



ロッカールームへの通路に貴重品入れあり



ロッカールーム(ビジター用) 100円必要。。。



レストランへの階段



今ブレイク中の堀琴音プロのサインが! その隣はブレイクしてたころの諸見里しのぶプロのポスターも(懐かしい~)




栗橋カントリーで猛暑ラウンド

7月13日(月)の平日に、栗橋国際カントリー倶楽部でラウンド。ご一緒したのは2年前に一度ラウンドしたことのある、栗橋をホームコースにしているMさん。この日は、日本大陸に台風が接近している影響を受け、栗橋は36度を超える猛烈な暑さの1日でした。


■スコア
IN54(18)→OUT48(15) トータル102(33)。
前半は、序盤のドタバタと引っかけOB、1ペナ、池、シャンクなどで立て直せず仕舞であいにくの結果に。後半はやや持ち直して3パー、3ボギーとまずまずまとめられました。

追加ハーフはIN54(18)。
こちらは猛暑の影響で集中力を欠いてしまったので7つのダボを叩いてしまいました。 


■各クラブごとの傾向
・ドライバー: やや引っ掛け気味。
・フェアウェイウッド: ややスライス気味。
・アイアン: シャンク多発。今回の反省点。
・短いアプローチ: 悪くはなかったが、もっとを精度を上げたいところ。数回のダフりがあったのも残念。追加ハーフ14番グリーン左奥の左足下がりのライからふわっとあげられたのは今回のアプローチのハイライトでした。
・パット: 距離感良かった。


■シャンクの反省
前回ラウンドでは収まっていたかに見えたのですが、この日はまたもやシャンクが多発してしまいました。原因は、ダウンスイング中に右ひじを体に付けることを意識しすぎたせいで、インパクト時に右肩がボールの方に突っ込んでいたことではないかと考えています。トップからハーフウェイダウンまでは右ひじは体に付いていていいのですが、ハーフウェイダウンからインパクトにかけては右ひじから先をリリースしていく意識がないとクラブがボールに届きません。「タメ」は大事ですが、リリースしないで体が突っ込んでしまっては本末転倒。右肩を落とさずに、右ひじからリリースしてボールを押していくことが必要ではないかと思いました。

ドライバーが引っかけ気味だったためコースの左端から第2打目を打つケースが多く、そこからシャンクしてコースの右端へ飛んでいくというパターンが何回かありました。そのせいで幸いにもシャンクしてもコース外へ飛び出すということがなく、大事故にはつながりませんでした。とはいえ、アイアンが決まらないか故に、結果として100オーバーというスコアになってしまいました。



鉄塔が見える栗橋おなじみの風景。
20150713_1.jpg

ちょっと見辛いですが砲台グリーンです。栗橋は砲台形状が多いです。
20150713_2.jpg

夏になりフェアウェイが綺麗でした。
20150713_3.jpg

Mさんとはまだ2回目のラウンドですが、非常にリラックスしてゴルフができました。またラウンドしましょう。
20150713_4.jpg


栗橋国際カントリー倶楽部は4回目でコースを覚えてきているにも関わらず、いつも苦戦しておりなかなか手強い印象があります。もっとレベルアップして、このコースで90前半位で回れるようになりたいところです。 

栗橋で河川敷3連戦の締めラウンド!

河川敷ラウンド3戦目!

ラウンド場所を急遽変更し、2週前にプレーした栗橋国際カントリー倶楽部でのラウンドとなりました。天気は快晴&無風状態、2週前に来ていてコースの記憶も残っておりスコアを出すには絶好の条件が揃っていたはずなのですが・・・、

OUT50→IN52で102と残念結果に。 (ノД`)・゜・。

2週前よりも5打も悪化してしまいました。。。



「快晴の栗橋国際カントリー倶楽部。絶好のゴルフ日和でした。」




今回は良いところがなく反省ばかり。


・ドライバーは方向性を重視しすぎて飛距離が出なすぎ。
 →もう少し勇気を持って振り切る意識を持った方がよい。セカンドが遠くて辛かった。
 →結果的に最終ホールの力ないプッシュアウトにつながったのかもしれない。


・アイアンは相変わらず引っかかり気味。
 →今回は重症ではなかったものの、対策必須の重要課題。


・パターのつまらないミス。
 →1mあるかないかの、最近は難なく入れる短いパットを今回は2度もミス。
 →ボールに当たった瞬間に開いたときがあったので、もう少し強めに握ってもいいかも。
 →32パットだったので数字だけ見ると悪くないが、1パットのチャンスを生かし切れていないのが痛い。
 →ただし、書き綴りながら思い返してみると長い距離のタッチは比較的合っていた。


・PWでのアプローチがオーバー気味。
 →練習量が少ないので、PWの距離感が合わないような気がしている。
 →通常は52度で一本化した方がいいかもしれない。
 →PWを使うのは薄いライのときに確実にグリーンオンするとき限定にしてみようと思う。


・最終ホールの大叩き。
 →ドライバーミスショットの後、チョロ、チョロ、池、1ペナとミスのオンパレードの11。
 →この日は朝からやや疲れていて最終ホールで気が抜けてしまっていたのは否めない。
 →前回のアジア取手のラウンドも終盤崩れたので、上がり3ホールは気を引き締めたい。



「INコース10番ティーグラウンドより。その後、やや左目のラフに行ったはずだが痛恨のロストボール(泣)」




今回は、70台を出した方と一緒に周りました。個性的な打ち方で、スタート前のスイング練習を拝見したときはそれほどうまくは見えなかったのですが(非常に失礼な言い方ですみません)、どんな状況でも打球が非常に素晴らしい! 私の目から見た限りではドライバー、アイアンともミスショットは皆無だし、アプローチもベタベタ寄せてくる。スイングを見ていると、アドレス→トップ→インパクトまで上下動がなく非常に安定していましたねぇ。個性的なスイングでもインパクトを安定して迎えられているので打球も安定しているのではないかと思います。ぜひ見習いたいです。



「栗橋国際カントリー倶楽部の鳥かご練習場」



栗橋国際カントリー倶楽部は、”一応”練習場はありまして、2階に鳥かご練習場があります。なかなか凄いところにありますよねぇ。(ちなみに私は1度も使用してないです。) クラブハウスは超古いです。河川敷コースなのでクラブハウスに綺麗さを求めてはいないとはいえ、もう少しだけでもいいので綺麗になれば印象がガラリと変わると思うのですが・・・。ちょっとだけ残念なポイントです。

コースはパー3が6つ、パー5が6つで変則的です。河川敷の割には戦略的だし、グリーンも綺麗にメンテナンスされているので好印象。10月下旬からはベント芝の方を使用するようです。河川敷でベント芝は中々ないのでまた来てみたいと思います。



さて、10月の集中河川敷ラウンドは今回で終了で、次は11月下旬までラウンドは控える予定です。今回の集中ラウンドで課題がいろいろと見つかったので、練習に専念する期間にしようと思います。




 | ホーム |  次へ»

プロフィール

paca

Author:paca
pacaがゴルフ練習に励む日誌です。
ショートコースの情報もあります!

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

タグリスト

検索

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ポチっとどうぞ